So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PEGレベ(PEGリバ)の陰性化の時期 [C型肝炎]

C型肝炎のPEGイントロン+レベトール療法
飲み薬の商品名が『レベトール』、物質名は『リバビリン』。
ネットで調べて、両方の言い方をするのに納得。
小野薬品のプロスタグランディンとはまた、違うみたい・・・。
(これは、化学でいう側鎖が少し違えば、別の薬になる。。。)

PEGイントロンもレベトールもシェリング・プラウ社の薬。
他は、日本の中外製薬(合併で名前変わった?)のペガシスとコペガス(略して『ペガコペ』)がある。

ウィルス消失の時期と著効についての可能性。
去年見たときは
4週までに消失・・・100%
12週までに消失・・・70%
24週までに消失・・・33%
24週以降・・・0%

最近、『ドクターに相談』コーナーで見たのは、
4週までに消失で、著効率は80%になってます。
サンプル数が増えたら、100%→80%になったのでしょうか?

4週で定性検査なんてしなかった・・・4週は定量のハイレンジ法・・・。
4週で定性検査するのは、以前にインターフェロン治療をしてダメだった人とか、
ベータ型など他のインターフェロンを1ヶ月ぐらい使ってから、PEGレベを始める場合・・・のようです。
(後者は実質的には、期間で8週ぐらい、使ったインターフェロンの数でいえば16~36週になる)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

こんにちは、遊びにきました。

pltの件で思い出したことですが、脾機能亢進以外でも、ピロリ菌をもっている場合、下がることがあるらしいです。

でわ失礼します
by (2007-10-12 17:30) 

ミュウ

おはようございます。
そういえば脾臓は9×6センチぐらいに小さくなってます(数年前は14×8か9ぐらい…すごく大きい)。
ピロリ菌でも、PLTは下がるのですね。ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
by ミュウ (2007-10-13 09:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。